在宅起業ガイドブック

仕事として販売するには、売れ続ける仕組みが必要不可欠

売れ続ける仕組みを作って活動しよう。

「売れる」ことと、「売れ続ける」ことは、同じようですが、イコールではありません。”自分らしさ”を仕事にしたいのであれば、売れ続ける仕組みがマストです。

こんにちは、岸本まみこです☺︎

”自分らしさ”を仕事にするためには、
価格と労力が見合った商品を売り続ける仕組みが必要です。

価格以上の労力がかかった商品を作ってしまうと、人気になるほど、忙しくなる割りに、手元にお金が残りません。労力がかかるので、ミスを起こしやすくなったり、お客様の配慮が行き届かずクレームになったり、そうなると、メンタル的にも不安定になります。

仕事として売れ続ける仕組みづくり

価値と労力が見合った売れ続ける仕組みがあれば、利益や時間の自由を自分でコントロール出来るようになります。

自分でコントロール出来ることで、仕事としての動作機能が上がり、長く活動していくことが出来るようになります。

”自分らしさ”を、仕事として売れ続ける人のチェックポイント

ビジネスの基本知識を理解している。

お客様のニーズを理解している。

本人に魅力がある。

流行や変化に上手に順応できる。

わかりやすいこだわりがある。

商品のクオリティが高い。

運やチャンスも味方にできる。

一過性で売れ続けることはできない。

仕事として売れ続けるためには、一過性のものではなく息の長い活動を保つことも大切です。

メディアに取り上げられたり、流行とマッチしたり、一時的に爆発的に売れることがあります。ただしこれらは運の要素が強く、ブームが過ぎれば段々と売れなくなってしまいます。

継続的に売れ続けるためには、長く売れ続ける仕組みを整え、

商品の魅力を引き立てること

商品の適正な価値をお客様に伝え続けること

この両輪が必要です。コントロールできない運だけで売れ続けることはできないので、普段から継続販売への正しい努力を積み重ねながら、影響力を高めるなど息の長い活動を保ちましょう!

\マーケティングを使って/

起業ブランド×集客・セールスの仕組みを構築し
自分の魅力を最大限に活かしながら 売上を安定させる方法 ◡̈⋆

 

☞ 今なら、メルマガ登録で全て学んでいただけます!
(まもなく解禁!Coming soon)

 

お客様の実績◡̈⋆

 

❁ 既存の仕事で売上が伸び悩んでいましたが、商品の魅力を200%伝えられるようになり売上が6倍になりました!

 

❁ 売上の変動が大きく気が休まならい状態から、月50万円以上を継続できるようになり、夫婦で大好きな旅行に何度も行けるようになりました。

 

❁ やらなくていいことばかりに時間を取られストレスだったが、とても楽になりました!プライベートとお仕事をしあわせなカタチで両立ができるようになりました。